SEO対策 麺屋 ヒロシ 2009年05月
 

麺屋 ヒロシ

自作ラーメンと、ラーメン屋さん。  と、その日常。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20090531030212
20090531030210
『東京ラーメンSHOW 2009』

駒沢オリンピック公園
5/29(金)30(土)31(日)


30日(土)に行ってきました。過去最大のラーメンイベント、『東京ラーメンSHOW』。全国のご当地ラーメンから、有名店のコラボなどが集う、第1回目のイベントです。会場は、小雨にも関わらず、ものすごい人でした。 ラーメンという食べ物の凄さを改めて感じます。この日、僕のお目当てのラーメンは、迷わず、「佐野JAPAN」。

午前10時過ぎ、「佐野JAPAN」の行列は、全ブース最大の1時間30分待ち!。予想外の待ち時間でしたが、その間に沢山の業界人を見かける事が出来、時間が立つのが早かったです。気づくとブース前。あの方にとうとう会えました。ラーメンの鬼…、ガチンコラーメン道…、
“佐野実 氏”

一瞬でわかるそのオーラ…。間違いない。目の前3メートルにいるのは、まさしく佐野サンだ!。
厨房を覗くと、「69'n'roll one」嶋崎サン、「胡心房」野津サンが湯切りをしている。ふと、嶋崎サンと数秒目が合った。完全に、コイツ見たことあるな…の雰囲気。僕は思わず、「頑張って下さい。」と言うと、ニコッ笑って「やだ。」と言ってくれた。そしてその時、写真に気軽に応じてくれた嶋崎サンと野津サンと僕の数分間…。これはヤバい。
そしてラーメンを手渡してくれたのは、なんと、ガチンコラーメン道の藤井サンだ!。あの「御輿やないんやから~っ!。」の名ゼリフを残した藤井サンだ!。
あのブース…、「佐野JAPAN」。すげ~な。本当~に佐野サンってすげ~な。「毎度!」の菊地サンは、前日入りの為会えませんでしが、今度伺った時、この日の話しをしたいと思ってます。

気づくと「佐野JAPAN」の行列は最後尾が見えません。他のブースも活気に溢れ、これだけの人を呼ぶラーメン。そしてこれだけのラーメン師を呼ぶ佐野サン。

何よりカッコイイです!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。