SEO対策 麺屋 ヒロシ ラーメン道(試作No.31) ” 鶏・煮干し・醤油 ”
 

麺屋 ヒロシ

自作ラーメンと、ラーメン屋さん。  と、その日常。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
麺喰間! 『麺屋 ヒロシ』   富士宮市

「鶏煮干し醤油麺」(トリニボシショウユメン)  無料
(丼は、先日、浅草で衝動買いしたもの)

DSC01938_convert_20110502110514.jpg
DSC01933_convert_20110502221638.jpgDSC01937_convert_20110502221925.jpg


1日(月) 休み

「麺屋ヒロシ」を開店する。(ラーメン屋じゃありません)
この日、空き家に人が大勢きた。
皆おいしいと言ってくれ、嬉しかったです。
感謝します。
遠くからありがとうございます。
食べてもらえるのが、本当にありがたいです。
まだまだ進化させるので、また食べてやって下さい。

自分なりに、このラーメンを、ぶった切ってみる。

ほぼ鶏ガラなので、もっとアッサリで、鶏臭さが出るかと思ったが、少しの豚、チーユの質がそれを補っている。
醤油ダレに特徴があり、白醤油を意外に感じる。
これが個性とも言えるが、醤油感を抑えちゃってる。
けど、1ヶ月熟成しただけの旨みは出ていた。
素のスープ、煮干し感は思った以上。
香味油にも煮干しと焦げ目を増やしているので、合わせると理想に近かった。
この煮干しの香り、香ばしさ、かなり好きだ。
ラーメンとしては、まだ上品すぎるので、ラーメンぽさがもっと欲しい。
ウマイっちゃウマイが、インパクト(あとから思い出す感じ)が欲しい。
すぐに忘れ去られる味だと思う。(玄人ウケして終わる)
醤油の香りと、苦味が足りない。
理想は、69の2号ラーメンで煮干し、みたいなイメージ。
ニボニボじゃなく、2号で煮干し。
相当難しいと思う。


次回・・・
・醤油ダレの醤油感をもっと。
・豚を少し増し。
・煮干しの全体量、苦味を増す。
・この鶏なら、挽肉、モミジいらないかも。

水、鶏、煮干し(小ぶりな方)は、出来る限りこれでいきたい。
煮干し、見た目から感じる自分のカンが、意外に当たってる。
岩手産、千葉産のあの煮干しは、アタリだった。

水、鶏、煮干し・・・
DSC01860_convert_20110502120445.jpg
DSC01888_convert_20110502171220.jpgDSC01917_convert_20110502171624.jpg

そして、やっぱ温度
DSC01902_convert_20110502121334.jpg

大事にしたい。

次回は、7月だと思う。
それまで、またラーメンを食べる。
食べたいから食べるラーメンじゃなく、何かを感じるラーメン。
感じられる人のラーメンを食べたい。

しかし、ラーメン屋さんって、好きじゃなきゃ、絶対できない仕事だとつくづく思った。
つか、仕事って思ってたら楽しくないだろうな。
これで理想と利益を出せたら、すげー幸せな仕事だと思う。



                                  ラーメン道(試作No.31)  終わり

  


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/06/14(火) 11:34:02 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。