SEO対策 麺屋 ヒロシ らーめん道(試作No.33) ”67.5℃”
 

麺屋 ヒロシ

自作ラーメンと、ラーメン屋さん。  と、その日常。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
13日(火) 仕事を休む


通勤途中、頭痛がひどく病院へ行く。
流行の風邪らしい。
コンビ二により、昼食と本を買う。

69’n’Roll One のカップ麺 と 本
DSC_0400_convert_20111218221303.jpg

カップ麺らしからぬ優しい味がする。 (2つ買うとこがキモイ)
DSC_0402_convert_20111218222010.jpg


17日(土)  夕飯

母に 「肉食べてないから風邪をひくだよ。」 と言われたのを思い出す。

『牛タンレストランしおや』  富士市
「牛タンしゃぶしゃぶ」 4500円

DSC_0403_convert_20111218222759.jpg

初めて、牛タンを紙鍋でしゃぶしゃぶした。
ボーナス頂き、調子にのる。


18日(日) 休み

朝っぱらから出汁をとる。
年末ラーメン用の醤油ダレを作る。

出汁に使った食材
DSC_0406_convert_20111218223647.jpg

いつもより、いい昆布を使っている。(羅臼1等)
いつもより、鰹、貝柱、干し海老 を増やす、ちょっとだけ。

出汁に醤油等を合わせる。
DSC_0411_convert_20111218224721.jpg

いつもよりシンプルに。
・生醤油2種
・塩2種
に、少しの魚醤とリンゴ酢。

67.5℃の火入れをして、新聞紙でフタをし常温で放置。
DSC_0412_convert_20111218225331.jpg


お昼  

ラーメンを食べる。 (けっこう久しぶり)

『めんりすと』『ろたす』で連食する。
しかも完汁。(スープまで飲み干す事)
完汁できる優しいスープ。
ほんとは、あと1件いけそうだったがやめとく。


帰宅

鶏胸肉の、なんちゃって真空パック低温調理 を試みる。

鶏胸肉に、塩コショウと、ねり生姜を塗りこみ、
水圧とストローで真空状態に。
DSC_0408_convert_20111218231018.jpg

なんちゃってなので、若干空気入ってます。
DSC_0409_convert_20111218231247.jpg

沸騰した湯を炊飯ジャーに注ぎ、こいつをそのまま入れる。
温度が下がり70℃くらいになるので、フタをし2時間保温。
DSC_0414_convert_20111218231808.jpg

胸肉を取り出し、パックしたまま放置。あら熱を取り冷蔵庫へ。
肉汁となじませることで、しっとり感が増すらしい。

こんな感じ。
DSC_0416_convert_20111218232400.jpg

しっとり感まずまず。
ラーメン的じゃなく、おつまみ的だけど。
これはもっと調べて、そのうちラーメンよりにしたいと考えております。


12月30日(金)

麺屋ヒロシ 「醤油煮干しラーメン」 やります。
つけ麺 もできます。

少量ですが、ご友人、お知り合いの方々、
ご都合よろしければ、ご来店お待ちしております。





あっ、バンドの方は、22日(木) ライブ




関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。