SEO対策 麺屋 ヒロシ 麺道 (試作No.2) ”澱粉質の粘りが強い小麦粉”
 

麺屋 ヒロシ

自作ラーメンと、ラーメン屋さん。  と、その日常。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1日(日曜) 休み

なんっちゃって自家製麺2号、試食。

醤油ダレ 

・生醤油  (岡直三郎商店) 火入れ67.5℃
・鮎魚醤 1滴
・羅臼昆布1等
・鰹厚削り
・帆立貝柱 
・和三盆 1つまみ
・りんご酢 2滴 

香味油

年末試作の甲州地鶏チーユを解凍。


「醤油ダレぶっかけ」
DSC02541_convert_20120402200350.jpg

「チーユで無化調油そば」
DSC02567_convert_20120402200857.jpg


動物系なしの、「つけ麺」 「らーめん」  をやってみる。

九十九里煮干し(小) と、利尻昆布を水出し (火入れなし)
DSC_0612_convert_20120402202002.jpg

を、追い煮干し
DSC02576_convert_20120402202316.jpg

「煮干しつけ麺 (あつもり、冷や)」
DSC02585_convert_20120402201314.jpg

最後、自分だけにラーメンを作る。
初めて自家製麺で ”なんちゃって、らぁ麺”
DSC02575_convert_20120402203357.jpg


「ニボッちゃん (なんちゃって自家製麺Ver.)」
DSC02577_convert_20120402204101.jpg

DSC02578_convert_20120402204412.jpg


もちもち感は、すげ~ある。
コシもあるけど、普通のうどんっぽい固いコシ。
もっと、いかにも国産小麦的な粘りとコシ、ツルツル感が欲しい。
食べた人が、この麺ふつうじゃないって思えるような、柔らかいコシと小麦感みたいなやつ。
前回に比べたら、かなりの進歩だけど、ほんと~に普通な麺です。
「うどんっぽい麺だね~。」 くらいでスルーされそうな麺。

けど、初めて自家製麺のラーメンなので、ちょっとした感動はあった。
DSC02581_convert_20120402204819.jpg

少しだけ、なんちゃって自家製麺のやり方が見えた気がする。
ちょっとだけ小麦の質を上げてみよう。


2日(月曜) 休み

ものすごいタイミングで、”まさに今食べたい限定” をやっていた。

『毎度!』 三島市
「限定 つけ麺」

DSC02586_convert_20120402211903.jpg

優しいコシと、感動的な小麦の香りだった。
完全に中華麺超えした、新しい麺って感じだった。

無性に、北海道産小麦だけで、なんちゃって自家製麺をやりたくなる、一丁前に。
とりあえず、ネットでよさげな中華麺用小麦粉を探す。
「春よ恋」をベースに、「ホクシン」「キタノカオリ」をブレンドした、100%北海道産小麦粉。

「好了北海道 (ハオラーホッカイドウ)」 2.5kg  江別製粉

img60691053.jpg

反省点をしっかりまとめて、なんちゃって3号はコレでいこう。
ネット通販が苦手な私は、電話で発注した。
因みに、「好了(ハオラー=できたよ)」 って意味らしい。


全く関係ないけど、 「黒木メイサと私」
DSC_0613_convert_20120402214547.jpg

今、フィットハウス 安いですよ。

あっ、 『おんふらんす』 (三島市) のランチ。 安くて旨いですよ。

「三島の雲助カレー」 
DSC02572_convert_20120403201610.jpg

新鮮な三島のサラダバーと、コーヒー付で、950円っ!
DSC02570_convert_20120403201938.jpg

+200円でデザートも。
DSC02573_convert_20120403202426.jpg

昔と、女性の好みもずいぶん変わりまして、
健康的なシャープな人がいいみたいです。

それこそ、どーでもいい事だと思いますが。






関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。